試験当日

行政書士試験当日の話


とにかく、試験会場へは早めに到着するようにしました。電車が遅れたり、バスや車に事故があるかもしれません。今までの勉強をそんなことで無駄にしたくなかったからです。


早く会場に着くことで気持ちも落ち着かせることができ精神的に楽になりましたね。落ち着いて試験を受けることは非常に大事なことだと思います。集合時間ぎりぎりに来る人もいますが、私はおすすめできません。


例年、試験会場の周りでは、各資格学校のスタッフが直前予想問題集を配っています。私はなるべく配布された冊子はもらうようにしました。なぜなら、その直前予想問題が出た場合、他の受験生が出来て、自分だけ出来ないということにもなってしまうからです。そういった予想問題が実際によく出たりしますよ。


試験会場
試験会場に入ったあとは早めにトイレを済ませ、落ち着いて待つのみです。決して最後まであきらめない気持で、「自分が分からない問題は、他の人もわからないはず。」と自分に言い聞かせていました


試験終了後
LECなどの大手資格学校では解答速報会を実施していました。どうしても試験結果が気になる人は速報会に行くのもよいでしょう。私の場合は疲れてしまったので、自宅に帰ってインターネットで解答速報をハラハラドキドキしながら見ましたね。


タグ:行政書士
posted by 行政書士合格体験記 at 12:26 | 行政書士【勉強中盤】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

独立開業の準備


インターネットからの仕事

今や行政書士の業界においても「仕事の受注はインターネットで」ということが当たり前になってきました。


特に、飛び込み営業をしたくない人や実務経験がなく不安な方は、
早めにインターネットで仕事の受注する仕組みを考えることです。


ホームページやブログなどは、一度作ってしまえば、24時間あなたの代わりとなって事務所の営業活動をしてくれるますから。


市販されているホームページ作成ソフトを買ってくれば自分でも作れます。もちろん、多少の知識は必要となるので、お金をかけてもしっかりとしたものを作って欲しい方などは、専門の業者にお願いする方法もあります。行政書士や司法書士、税理士などの士業専門でHPを作っている業者もありますよ。


ただし、
今現在、無料のみで集客するにはかなり難しくなってきています。問い合わせをさせるための工夫や上位表示させるためのテクニック・コツが必要になってきています。


ヤフーやグーグルの宣伝広告(有料)をうまく活用することも考えなくてはなりません。ホームページに行政書士業務の一覧を何となく掲載しているだけでお客さんを集めるのは難しくなっているようです。


自分の専門性をアピールすることや自分の持っている情報は出し惜しみすることなく公開することは当然として、SEOや検索者の気持ち、地域性なども考えて作成しなければならないので、そのあたりはしっかり勉強する必要がありますね。


私が参考にしてるサイトはこちらで、行政書士の営業ということに力を入れており勉強になりますよ。開業を考えられている人は参考にしてみてください。




タグ:行政書士
posted by 行政書士合格体験記 at 11:03 | 行政書士【合格後】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

行政書士の模試

9月くらいの試験直前期になると資格学校で模擬試験が行われます。資格学校によっては8月くらいに
「行政書士中間模試」と称して実施しているところもありますが・・・・。


特に独学で勉強してきた方は自分の実力が今現在どれくらいか分かるのと、
本試験を意識した問題にあたることができるので
模試だけは申し込んだ方がよいでしょう。


私自身、2つの学校の模試を受けました。実際の本番ではその一つの方から結構出題されており、運よく得点することができました。今でもその記憶は残っています。


「おー、あの模試の問題と一緒だ!」と心の中で叫びました。一般知識の問題でまったく盲点だった個所でしたので、その問題を事前に勉強していなかったら、解けていなかったと思います。


私は合格基準点ぎりぎりだったので、その模試を受講していなかったら合格できませんでした。それまでの勉強が無駄にならなくて本当によかったと思っています。


模試で大事なこと
模試で間違えてしまった問題は必ず復習すること。
本番で同じ問題が出た時は、必ず解けるようにしておくこと。
受けっぱなしにしないこと。


当たり前のことなのですが、
意外とできていない人が多いと思います。


にほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へ
にほんブログ村

タグ:行政書士
posted by 行政書士合格体験記 at 10:35 | 行政書士【勉強終盤】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

行政書士の資格を取ろう!


30歳になった私は、サラリーマン(営業)として毎日コツコツ働いていました。朝9時から夕方5時30分までの勤務です。


といっても、夕方5時30分に終われるわけもなく、残業の毎日だいたい終わるのは夜8時か9時。休日出勤などもありました。まあ「普通のサラリーマン」ってとこでしょうか。


会社やサラリーマンをやっていることに大きな不満はなかったのですが、
心の底からの充実感はありませんでした。


「このまま年をとって、平凡なサラリーマン人生なのかなあ」
「本当に今の仕事が自分のやりたい仕事なのかなあ」
といっったことを考え始めたのが30歳になる直前。


そんな時、何か資格でも取って独立開業できたらどうなんだろう?と思い始めている自分がいました。


会社に縛られることなく、自分の力で仕事ができる。


さっそく、資格学校からいろいろな資格のパンフレット取り寄せ、調べてみると半年くらい勉強すれば何とかなりそうな資格を発見。


行政書士 ぴかぴか(新しい)


ただ、行政書士という資格の名前は以前から知っていましたが、実際の仕事内容や収入、その資格をどのように活かしていくのかまでは知りません。


yoshiS.gif本当に自分にできるのか、実務が未経験でも大丈夫なのか不安もありましたが、まあ、この際やってみるかそんな気持ちで始めた次第です。


それが人生を変える始まりでした。



posted by 行政書士合格体験記 at 06:50 | 行政書士【勉強初期】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

覚えるのではなく、理解すること

法律系の科目を勉強するときは、なぜそうなるのか、
どういう事例がこの条文に当てはまるのかなど考えながら勉強することが大事です。


暗記ではなく、理解することです。


もちろん、最終的に覚えなければならないことは、覚える必要があります。
ただ、それも理解の上に成り立ちます。


理解していないことはすぐに忘れますし、その知識も活用できません。
応用が効かないのです。


特に、行政書士試験の事例問題記述式では、そういった力が試されます。
そういったことを意識して勉強できるかどうかで知識の
定着度合いがかなり違ってきますよ。


インプットとアウトプットを同時並行にやっていくことが大事

インプットとアウトプットの同時とは、
講義を聞いたら、すぐにその部分の過去問などを解いてみる。
また、次の日、講義を聞いたら、その部分の過去問を解く。


その繰り返しをしてみて下さい。
かなり力が付きますよ
タグ:行政書士
posted by 行政書士合格体験記 at 21:53 | 行政書士【勉強中盤】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
目次に戻る


「知識や時間がない」方でも短期間で行政書士に合格できる今話題の勉強法とは?


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。