平成27年、行政書士に合格するぞ!


平成27年、行政書士試験合格に向けての勉強法や
私自身の合格体験談などを書いています。
posted by 行政書士合格体験記 at 07:41 | 行政書士【勉強中盤】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

合格できる人とできない人の違い

一生懸命勉強しても合格できない人や何度も受験しているけどなぜか合格できない人がいます。本人の能力だけではない何か他の理由があったりもします。


勉強量(勉強時間)が足りないのであれば、勉強量を増やすことが必要でしょう。一般知識が苦手であれば、一般知識の対策が必要です。独学でやっていまいち理解ができないようなら資格学校を利用したほうがよいのかも知れません。


このあたりはまだ分かりやすいのですが、すこし厄介なのが、細かいことにこだわり過ぎてしまっている場合などです。完璧にしないと気が済まなかったり、次に進めなかったり・・・。


気持ちは分からなくもないのですが、その辺はある程度割り切って勉強をした方がよいです。私も過去問で間違えた問題を完璧にしようと何回も何回もやっていたことがありました。


それはそれで重要だと思うのですが、あまりにこだわりすぎると土ツボにはまります。危うく私もそうなりそうでした。合格には満点は必要ないのですから、ちょっと気を楽に持った方がいい場合もあります。


タグ:行政書士
posted by 行政書士合格体験記 at 21:44 | 行政書士【勉強中盤】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

行政書士試験の1ヵ月前

試験直前期の勉強

あれもこれもと直前期に手を広げすぎるのはやめました。今さら新しい基本書や問題集などを買ってきてもあまり効果はあがらないと思ったからです。書店で売られている予想問題集など1冊のみを繰り返しやりましたね。例年、直前期になるとそういった予想問題集が出ていますから。こういった本です。






試験までの時間は限られています。予想問題集をやる以外では、模擬試験などで間違えてしまったところなどを最優先でやりました。特に法令科目。また、一般知識は過去問をやっても仕方がないと思ったので、「新聞ダイジェスト」を読んで広く浅く知識をつけようと思いました。


あと、どうしても不安だとか今年の狙われそうなポイントを知りたい方向けに、資格予備校で行われる「本試験予想講座」などがあります。


私も直前期にはそういった講座を受講しました。もちろん、あくまでも予想ですし、気休め程度、復習のつもりで受けました。行政書士試験の場合範囲が広いので、すべてが当たるわけではありませんが、何をやっていいのかわからないという人にはおすすめかも知れません。


posted by 行政書士合格体験記 at 07:32 | 行政書士【勉強中盤】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

行政書士の中間模試

【勉強の中盤期〜8月頃】

8月くらいになるとLEC資格の学校TAC、伊藤塾などでは中間模試というものを実施してくれます。


この時期は模擬試験までは時間があるけど、ひと通りの講義は終わった頃にあたります。今まで自分がやってきた勉強がどんなものか確かめる意味でも、できれば中間模試は受講したほうがよいと思います。


私自身も実際に受講しました。私の場合は、全体としての結果は悪くはなかったのでちょっと安心しましたが、一般知識の分野に関してはたまたまできたという感が強かったです。


したがって本当に本番でもこの結果通りになるか常に不安はありました。どうしても一般知識に苦手意識があったからです。


中間模試で大事なのは、自分はどこの分野が弱いのか、またどういった問題が出題されているのかをしっかり把握することで、当然、間違えた問題は復習することが大事だと思います。


7〜8月くらいになると各予備校が中間模試の告知をしてくれるので、やってみようかなと思う人は資格学校のHPなどをチェックしてみてくださいね。


================================



■分かりやすいので楽しく学べる伊藤塾の行政書士講座。
================================







タグ:行政書士
posted by 行政書士合格体験記 at 07:40 | 行政書士【勉強中盤】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

法学検定と行政書士

行政書士と法学検定

行政書士の法令主要科目といえば、「憲法・民法・行政法」です。当然、この分野を攻略しなければ合格はあり得ません。一通りインプット作業が終わったら問題演習を数多くこなすことが大事になってきます。私の場合もそんなことを心掛けながらやっていました。


ところで法学検定という検定をご存知でしょうか?


法学の学力を評価する検定試験なのですが、その問題集が非常に行政書士の勉強に役立つと思われます。法学検定ベーシックコース・スタンダードコース(旧4級・3級)の問題レベル・難易度が行政書士のそれと非常に近く、問題集として使用するにも最適だと感じています。

手当たり次第問題をこなすのなら、法学検定の問題をやったほうが力が付くと思いますよ。




※法学検定は2012年から4級→ベーシック(基礎)コース、3級→スタンダード(中級)コース、2級→アドバンスト(上級)コースと名称が変わりました。



タグ:法学検定
posted by 行政書士合格体験記 at 05:34 | 行政書士【勉強中盤】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

やる気のスイッチ

勉強をしていると何となくモチベーションが上がらなくなったり、本当に合格できるのかと不安になることもありました。

特に、私の場合は初めての資格試験の挑戦ということもあり、自分自身が本当に合格率8%の中に入れるのか不安いっぱいで勉強をしていた気がします。


勉強が進むにつれて内容も難しくなったり、覚えなければならない量も多くなるわけです。また、苦手な科目などはあまり理解できないこともあります。やっぱりだめなのかなと考えたり。


正直、弱気な自分との戦いだった気がします。そんな時は、次のようなことを考えて自分を奮い立たせていました。

■このつらさは自分だけでなく、みんな同じなんだと言い聞かせる
■勉強ができる環境にあるだけでも家族に感謝する。
■なぜ行政書士の資格を取ろうと思ったのか考えてみる。
■いろんな人の合格体験記などを読んでみる。
■仮に不合格だったとしても勉強したことは無駄にはならない。
■少ない時間を使って集中して勉強してみる。



まあ、言うのは簡単ですが・・・。


勉強中はつらいことも当然ありますが、その後に待っている「合格」を手にすると懐かしい思い出に変わりますよ。


にほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へ
にほんブログ村

タグ:行政書士
posted by 行政書士合格体験記 at 06:45 | 行政書士【勉強中盤】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

重要だと思ったこと

私が思う勉強のポイント!


◆あれもこれも手を出さないこと。
基本となるテキストや講座・学校を決めたら、それを信じて何回も何回も繰り返しやることです。手をひろげすぎていいことはありません。同じものを繰り返しやった方が効果的だと思います。


◆サブノート作りなどに時間をかけすぎないこと。
私はノートは作りませんでした。その時間を他の勉強時間に充てた方がいいです。サブノートをつくることが勉強時間の大部分を占めてしまう可能性があるからです。


◆模試試験は必ず受けること。
資格学校などの模擬試験は必ず受験しましょう。できれば会場で、どうしても無理なら自宅でも受験はした方がよいです。今年狙われるポイントや今現在の自分の状況が分かります。


◆すきま時間を徹底的に活用する。
ちょっとした空き時間や休憩時間を徹底的に活用しよう。特に忙しい社会人などはそういった時間は重要です。私も意識してその時間を活用していました。


◆復習は必ずやること。
予備校の講座を受講している人だけでなく独学者でも、毎回必ず復習はやっておくこと。復習をしてから新しい項目に入ると知識が定着しやすいと思います。



タグ:行政書士
posted by 行政書士合格体験記 at 14:43 | 行政書士【勉強中盤】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

行政書士おすすめテキスト

おすすめできるテキストを紹介します。資格学校で勉強する人はそのテキストを使えば問題ありませんが、独学で勉強をする人にとっては使うテキストは何より重要です。

平成23年受験用テキストとして書店でいろいろ見比べてみました感想を載せておきます。あくまでも個人的感想なので、その辺のところはご了承くださいね。最終的には自分の目で確かめることをおすすめします。


重要そうなポイントが分かりやすく書かれているか、過去問部分なども随時記載されているか、見やすさはどうか、図表などが豊富に使われているかなどが選ぶ際のチェックポイントです。



非常に分かりやすく書かれており、理解しやすいテキストです。初学者の方や独学で勉強している人に適していると本だと思います。普通の基本書とは違い、語り口調で書かれていたりするので、理解しやすいではないのでしょうか。もちろん、法律科目のページでは、事例なども合わせて書かれていますので、理解が深まります。




ページの右側にマンガで、左側には解説が書かれているテキストです。一般知識が苦手な人にはかなりおすすめできるテキストです。新聞などを読んでみても、いまいちピンとこない人などは、最初にこの本を読むといいでしょう。もちろん、試験で狙われやすそうな話題を取り上げてくれています。




posted by 行政書士合格体験記 at 16:34 | 行政書士【勉強中盤】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

私の学習計画

私は細かい学習計画などは立てませんでした。

私の場合には、LECの通信講座を申し込んだのですが、申し込むのが遅かったためすでに発想可能となっていた教材が一気に送られてきました。


したがって、まとめて送られてきた教材をひたすらこなす作業です。細かい学習計画など気にせずにどんどんこなしていきました。あと、過去問もそれと並行して解く作業もしていましたね。


勉強中に心掛けていたことは、とにかくひと通り1日でも早く終わらせることと自分の決めた期限までに講義をひと通り終わらせるようとしたことです。計画らしい計画はなかったのです。それでもちゃんと合格できましたよ。


そもそも、初めて勉強する人が学習計画を立てること事態に無理があるのではないかと私は思っています。初学者の人はどの科目がどれくらいの難易度で、理解するのに何時間ぐらい勉強する必要があるのか分からない状態です。


資格学校で講座を申し込んでいる人は、予備校側がある程度カリキュラム・スケジュールを組んでくれています。基本的はそれに沿ってやっていけばいいのではないかと私は思っています。


それでももし計画を立てるなら細かい計画ではなく、おおざっぱな学習計画がおすすめです。ある程度臨機応変に対応できるようにしておくことが大事だと思います。






タグ:行政書士
posted by 行政書士合格体験記 at 11:54 | 行政書士【勉強中盤】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

試験当日

行政書士試験当日の話


とにかく、試験会場へは早めに到着するようにしました。電車が遅れたり、バスや車に事故があるかもしれません。今までの勉強をそんなことで無駄にしたくなかったからです。


早く会場に着くことで気持ちも落ち着かせることができ精神的に楽になりましたね。落ち着いて試験を受けることは非常に大事なことだと思います。集合時間ぎりぎりに来る人もいますが、私はおすすめできません。


例年、試験会場の周りでは、各資格学校のスタッフが直前予想問題集を配っています。私はなるべく配布された冊子はもらうようにしました。なぜなら、その直前予想問題が出た場合、他の受験生が出来て、自分だけ出来ないということにもなってしまうからです。そういった予想問題が実際によく出たりしますよ。


試験会場
試験会場に入ったあとは早めにトイレを済ませ、落ち着いて待つのみです。決して最後まであきらめない気持で、「自分が分からない問題は、他の人もわからないはず。」と自分に言い聞かせていました


試験終了後
LECなどの大手資格学校では解答速報会を実施していました。どうしても試験結果が気になる人は速報会に行くのもよいでしょう。私の場合は疲れてしまったので、自宅に帰ってインターネットで解答速報をハラハラドキドキしながら見ましたね。


タグ:行政書士
posted by 行政書士合格体験記 at 12:26 | 行政書士【勉強中盤】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

覚えるのではなく、理解すること

法律系の科目を勉強するときは、なぜそうなるのか、
どういう事例がこの条文に当てはまるのかなど考えながら勉強することが大事です。


暗記ではなく、理解することです。


もちろん、最終的に覚えなければならないことは、覚える必要があります。
ただ、それも理解の上に成り立ちます。


理解していないことはすぐに忘れますし、その知識も活用できません。
応用が効かないのです。


特に、行政書士試験の事例問題記述式では、そういった力が試されます。
そういったことを意識して勉強できるかどうかで知識の
定着度合いがかなり違ってきますよ。


インプットとアウトプットを同時並行にやっていくことが大事

インプットとアウトプットの同時とは、
講義を聞いたら、すぐにその部分の過去問などを解いてみる。
また、次の日、講義を聞いたら、その部分の過去問を解く。


その繰り返しをしてみて下さい。
かなり力が付きますよ
タグ:行政書士
posted by 行政書士合格体験記 at 21:53 | 行政書士【勉強中盤】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

過去問集選びで気を付けたこと

どの過去問集を使っても基本的には変わりませんが、
自分にとって使いやすいもの、納得できるものを選びたいものです。


私なりの選ぶ重要なポイント
を挙げてみました。参考にしてみてください。

●解説がしっかりしていること。
●見やすく工夫されていること
●問題の重要度が分かるようになっていること。
●収録されている分量(年度数)が適切であること。
●持ち運びたい人は、それに適していること。



その他、勉強するのが初めての方の人は、
1問解くごとに後ろ(次のページ)に解説が載っている形式のものがおすすめです。



ただし、近年の行政書士試験は、過去問だけやっても受かる試験ではなくなりました。過去問プラスαの知識が必要になっていています。



そのあたりは、ご自身で予想問題集をこなしたり、
資格学校での演習講座などで補うことが必要不可欠です。


にほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へ
にほんブログ村

posted by 行政書士合格体験記 at 12:56 | 行政書士【勉強中盤】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
目次に戻る


「知識や時間がない」方でも短期間で行政書士に合格できる今話題の勉強法とは?