行政書士試験の1ヵ月前

試験直前期の勉強

あれもこれもと直前期に手を広げすぎるのはやめました。今さら新しい基本書や問題集などを買ってきてもあまり効果はあがらないと思ったからです。書店で売られている予想問題集など1冊のみを繰り返しやりましたね。例年、直前期になるとそういった予想問題集が出ていますから。こういった本です。






試験までの時間は限られています。予想問題集をやる以外では、模擬試験などで間違えてしまったところなどを最優先でやりました。特に法令科目。また、一般知識は過去問をやっても仕方がないと思ったので、「新聞ダイジェスト」を読んで広く浅く知識をつけようと思いました。


あと、どうしても不安だとか今年の狙われそうなポイントを知りたい方向けに、資格予備校で行われる「本試験予想講座」などがあります。


私も直前期にはそういった講座を受講しました。もちろん、あくまでも予想ですし、気休め程度、復習のつもりで受けました。行政書士試験の場合範囲が広いので、すべてが当たるわけではありませんが、何をやっていいのかわからないという人にはおすすめかも知れません。


posted by 行政書士合格体験記 at 07:32 | 行政書士【勉強中盤】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
目次に戻る


「知識や時間がない」方でも短期間で行政書士に合格できる今話題の勉強法とは?