ダブルライセンス

せっかく行政書士の勉強をしたのなら、この際もうひとつ資格を取ってしまうという方法もあります。私の場合は、そのまま宅建試験にチャレンジして合格することができました。


宅建試験の場合、権利関係という分野(民法)が行政書士試験とかぶっているのでその知識をまるまる活かすことができました。

ちなみに勉強しやすい資格として以下のようなものがあります。


【宅地建物取引主任者(宅建)】
法律系の試験の中では、比較的取得しやすいメジャーな資格。行政書士の民法が宅建の試験とかぶります。難易度に関しては、行政書士試験よりも易しいです。


【ビジネス実務法務検定】
東京商工会議所が実施する検定。民法や会社法などの科目がかぶるので、行政書士を勉強した人は非常に受験しやすい検定だと思います。社会人におすすめな資格です。


【法学検定】
比較的取得しやすいのは、4級・3級です。学生の方も数多く受験します。法学検定を受験してから行政書士試験を目指す人もいます。法学検定についてはこちらの記事に書きましたので参考にしてみてください。




にほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へ
にほんブログ村

posted by 行政書士合格体験記 at 17:45 | 行政書士【合格後】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
目次に戻る


「知識や時間がない」方でも短期間で行政書士に合格できる今話題の勉強法とは?